◎お薬について

◯お薬はたくさん出ますか?
症状の大きさにもよりますが、初診の場合は平均1〜2剤です。
通院されている間も処方内容を定期的に見直し、種類を少なくしていく処方を心がけています。

◯お薬の副作用が心配です。
すべてのお薬には副作用が必ずあります。
インターネットで調べると、ごくまれな副作用を含める全ての項目が書かれているため
心配になるお気持ちはよくわかります。
診察時にためらわず聞いてみてください。
また、定期的に通院してもらえれば、全く問題はありません。

◯頓用(とんよう)とは何ですか?
調子の悪いときだけに飲むお薬をいいます。
睡眠薬を除いて食前食後など飲む時間に制限はありません。
例えば不安を強く感じるときだけや、どきどきするときだけに使用します。
ほとんどの頓用薬は飲んで30分ほどで効果が出てきます。

◯頓用のお薬はどのくらいもらえますか。
最大10回分です。

◯お薬を飲み忘れて余ってしまいました。
お薬をのむことは、習慣として持ち合わせていないため、忘れてしまうのは仕方ないことです。
処方の日数や内容、飲む時間を可能な限り調節します。
お薬代の節約にもなりますので、診察時、医師に必ずお伝えください。

◯お薬には抵抗があります。
症状が軽いと判断されれば、漢方薬か頓用を処方しています。


◯それでもお薬には抵抗があります。
サプリメントをご用意しています。
例えば眠れない場合にはメラトニンというサプリメントがありますのでご相談ください。